前へ
次へ

介護のプロのケアマネージャーとは

身内に要介護者が出たときにまず相談すべき相手はケアマネージャーです。
ケアマネージャーというのは介護のプロで、正式な名称は「介護支援専門員」です。
その名の通り、必要な支援を家族などと話し合ってケアプランを作成し、施設や事業者と連携し調整するのが仕事です。
医療関係の国家資格と5年以上の経験があり、試験に合格しないといけません。
とは言えやはり人によって得意不得意はあるので、より自分の家族に合ったケアマネージャーを選ぶことが大切です。
例えば在宅で介護をしたい場合、地域との連携が必須になるので、地域医療の経験が長いケアマネージャーを選ぶと良いでしょう。
また、持病など健康上の不安があるときは、看護師や医師などの資格がある人だと安心です。
もちろん、人の話をきちんと聞く姿勢や、対応の速さなどもケアマネージャーを選ぶ点で重要です。
不安なときに素早く誠実に対応してもらえると、家族の負担というのはかなり減るでしょう。

Page Top